カテゴリー
ぐれいす村のとりくみ

ニューノーマルに馴染む「面会」 その2

ニューノーマルに馴染む「面会」 その2
2020年11月16日

コロナ禍にあっても家族と入居者の面会をあきらめない。

2020年5月から始めた、新型コロナウィルスとともにある施設運営。
LINE面会、Zoom面会を提案してきましたが、なかなかオンラインに適合するのはむずかしい家族もいらっしゃいます。同時に始めたのがこれです。

中庭面会

地域のボランティアの方々といっしょに、
中庭のそうじが始まりました。
全ユニットのリビングは中庭に面しています。 さあ、準備が整いました。
やって来ました。入居者の息子さんです。
ガラス越しに見えるお母さまと笑顔の対面。

5月6日付、施設長から家族への手紙で「中庭面会」を呼びかけると、家族との面会が次々に実現しました。
どうです。この嬉しそうな顔!

2020年11月にもなると、寒さに弱い「中庭面会」はなんとかしなければいけません。
いよいよ施設内に面会ルームを設けるしかないのか。ちょっと待って。ありました!玄関は風除けのため二重のドアがあるのです。ドアをしっかり閉じ、空気感染を予防します。
これで行ってみよー。

風除室面会

外から見た施設の玄関です。
中に入って見ましょう。
内側にもドアがあります。
風除室の空間は広々しています。
面会コーナーができました。
ここは訪問者に座っていただきます。
内側には入居者のコーナーをつくりました。
向こうの風除室が温室のようですね。
家族の方が来られました!
足元にファンヒーターを置いています。
どちら側にもワイヤレス拡声器があるので、
密閉されたドアがあってもお話しできます。
ヘッドマイクをつけたお母さまに感動! 「よぉ聞こえるわ〜」 どちらもハッピーハッピーです。
両手をそろえているのは、撮影用でしょうか?
カテゴリー
ぐれいす村のとりくみ

ニューノーマルに馴染む「面会」 その1

ニューノーマルに馴染む「面会」 その1
2020年10月10日

コロナ禍で入居者を孤立させてはいけない。

2020年4月16日の緊急事態宣言を受け、グレイスヴィルまいづるでも面会を中断しました。当初は1ヶ月の面会制限を予定していましたが、パンデミックの状況から、面会制限の解除はありえないと判断しました。 新型コロナウィルスとともにある施設運営をしなければならない。 そう考えたとき、どうすれば入居者が孤立せず心身に影響をもたらさないようにするか。底知れぬ不安におそわれながら、緊急事態宣言の翌月5月6日、入居者のご家族宛に新しい面会を提案しました。

リモート面会

5月、施設のLINEアカウントを登録し、LINE面会ができるようになりました。ユニットでくつろぐ入居者を見せています。

同じく5月、Zoomのアカウントを取得。対応してくださった家族とつながるようになり、とても喜んでいただきました。

LINE面会を登録されていない家族の方は、このQRコードを読み取ってください。リーダーたちが元気なようすを伝えてくれます!

リモート面会の時間帯を設定したり、対応に慣れてないこともあり、
家族は不便な思いをされたことでしょう。
このことに心を痛め、事あるごとにLINEで発信するリーダーも出てきました。

LINEでこんにちわ!

9月21日敬老の日・祝賀会を終え、家族に写真を送っています。
ユニットも職種も超えて、みんなで家族にスマイルしてますね。

カテゴリー
ぐれいす村のとりくみ

コロナ禍の行事「敬老の日」

コロナ禍の行事「敬老の日」
2020年9月30日
手探りで始まった敬老の日企画。老人ホームだからこそドーンといきたい。
2020年9月21日、初めて来訪者のいない敬老の日を迎えました。
施設として悩んだのは、どの程度のイベントにするか。過去にはお琴の演奏や日本舞踊を披露してくれ、それなりに式典をこなすことができました。今年はすべて自前でしなくてはいけません。例年通り、100歳のための総理大臣記念品と京都府記念品は届くし、花束の贈呈もできる。コロナ禍の敬老の日行事について集まった近隣の施設長会議で、当施設の淡路は、市長にビデオメッセージを作ってもらうことを提案。ほとんどの施設が行事に対し消極的なムードの中、グレイスヴィルまいづるはコロナに負けない敬老の日を目指しました。

いつもならごちそうを食べ終えた入居者たちは、ウトウトしてしまう時間なのに、みんな出てきました。これを見逃したら寝つきに影響あり。さあ、これからが本番。ぐれいす村歌謡祭が始まります。

ぐれいす村歌謡祭

閉ざされた空間はいつのまにか、ソーシャルの輪を広げていった。

歌謡祭で1位に輝いた入居者と感動するリーダーの真下。
つづく入居者の精一杯の喜びの言葉は、
いつまでもその場にいたい気持ちになりました。

ほんとにいつまでも歌い、踊りつづけた。