ニューノーマルに馴染む「面会」 その2
2020年11月16日

コロナ禍にあっても家族と入居者の面会をあきらめない。

2020年5月から始めた、新型コロナウィルスとともにある施設運営。
LINE面会、Zoom面会を提案してきましたが、なかなかオンラインに適合するのはむずかしい家族もいらっしゃいます。同時に始めたのがこれです。

中庭面会

地域のボランティアの方々といっしょに、
中庭のそうじが始まりました。
全ユニットのリビングは中庭に面しています。 さあ、準備が整いました。
やって来ました。入居者の息子さんです。
ガラス越しに見えるお母さまと笑顔の対面。

5月6日付、施設長から家族への手紙で「中庭面会」を呼びかけると、家族との面会が次々に実現しました。
どうです。この嬉しそうな顔!

2020年11月にもなると、寒さに弱い「中庭面会」はなんとかしなければいけません。
いよいよ施設内に面会ルームを設けるしかないのか。ちょっと待って。ありました!玄関は風除けのため二重のドアがあるのです。ドアをしっかり閉じ、空気感染を予防します。
これで行ってみよー。

風除室面会

外から見た施設の玄関です。
中に入って見ましょう。
内側にもドアがあります。
風除室の空間は広々しています。
面会コーナーができました。
ここは訪問者に座っていただきます。
内側には入居者のコーナーをつくりました。
向こうの風除室が温室のようですね。
家族の方が来られました!
足元にファンヒーターを置いています。
どちら側にもワイヤレス拡声器があるので、
密閉されたドアがあってもお話しできます。
ヘッドマイクをつけたお母さまに感動! 「よぉ聞こえるわ〜」 どちらもハッピーハッピーです。
両手をそろえているのは、撮影用でしょうか?