アルツハイマー病の母 ・・・・・ 施設長 淡路由紀子
2021年7月20日

当然のように思っていた在宅介護は、大きな誤解。

脳梗塞の治療を終えた母は、医療センターに設立された地域包括ケア病棟に移った。 高度で濃密な治療を終えると、継続的な治療やリハビリ、介護施設や在宅復帰を目的としたプログラムを組み、その人に合った状態まで機能回復することが、地域包括ケア病棟の目的とされている。
一般的に地域包括ケアとは、リハビリのためのセラピストや栄養士がいて、退院に向けたサポートが整っているところだ。
母のプログラムの目的や内容、退院後のアドバイスなど、自然な流れとして私は期待していた。
しかし時はコロナ禍。
母に会うことはもちろん、担当の人すら顔が見えず、コミュニケーションもままならない状況がつづいた
要約すると、食事がすすまず、リハビリへの意欲がないものの、時折歌を口ずさんでいるとのこと。理解能力はなく意思疎通ができないと聞いた。脳梗塞の後遺症については若干のマヒを残し、元通りになったと言われても、母を見ていない私は、額面通りに受け入れがたい心境だった。
社会的地位のない認知症の老人が在宅復帰の支援を受けるのは、実は難しいことかもしれない。
とりあえず退院準備にとりかかろう。車椅子、スロープ、ベッドがいる。部屋の片づけを先にしよう、と率先して妹が手伝ってくれた。そういうことがキライな私には、キビキビと働く妹がまぶしく映った。退院後の母の介護も参加する意思を見せてくれた。
未来は永遠に明るく思えた。
少なくともこのときは。
地域包括ケア病棟に不信感があるのでは決してない。医療と介護は違うということだ。そして、忘れてはならないのが、母はアルツハイマー型認知症。ここ1年ほどで急激に重症化したようだ。もの忘れが激しくなり、数年にわたる記憶がぶっ飛んでいたりした時点で、アルツハイマー型認知症をなぜ疑わなかったのか。以前も今も「きっと良くなる」と思うものの、根拠がある わけではない。母に会いたい、早く帰ってきてほしいという慕情だけで、はたして私は何ができるのか。
混沌となった思考で出した答えは、自分には心の、そして介護の準備ができていないということだった。また、家族を思いやることも必要だ。在宅復帰と一言でいっても、そこには十人十色の生活と症状がある。母の様子をまず見て受け止める。自分の思いと向き合うために、
在宅復帰ではなく、介護施設を選んだ。